成田の陶芸工房「鼎」

開窯のいきさつ

たまたま都内で陶芸教室をやっている友人のところへ遊びに行ったら、丁度「家を売ったので処分したい中古の出物?が私の住んでいるところの近くにある」という話を聞いたのがきっかけで、最初に大型の灯油窯を手に入れ陶芸を始めることとなりました。
今までFRPなどで趣味の彫刻を制作していたので何かを創るということには興味があったのですが、順番(道具が先)は逆になったものの地元の陶芸サークルのお仲間に入れていただき徐々にのめり込んでしまいました。
たまに焼きに来られる以前窯のオーナーだったグループの中には、日陶展などで賞をとり数十万もの値がつく作品をギャラリーに卸している陶芸作家さんや都内で陶芸教室の講師をしている方などもいます。しかし窯が大きいので一人で満杯にするのは大変ということもあり、多くの方に利用していただいきたいと思い、この窯を中心としたお仲間を募って不定期で活動しています。
工房は、主宰の本業である「漢方鼎・酒井はり灸院」に併設。2階は休憩所と仮眠室になっています。庭で焚火をしながら火の番をしつつ盃を交わし楽しい時を過ごすなどしています。

takibi.jpg

陶芸教室を開く予定はないですが、陶芸を”安く”覚えたいと希望される方には成田陶文協が開催している陶芸教室(毎年夏から秋口にかけての日曜日に計6回「中郷公民館」で実施)を紹介したり、私も所属する『陶永会』という公津公民館で毎週水曜日に活動しているサークルを紹介しています。
ここは年会費1万程度で陶芸を覚えられるし、お茶を飲みながらメンバー(男女の割合は3対7で中年から熟年が中心)達と世間話をしているだけでも楽しい気さくな会です。

成田市公民館まつりにて

陶房「鼎」
問い合わせ先
〒286-0044
千葉県成田市不動ヶ岡2026-1
TEL:0476-24-0617