成田陶芸工房「鼎」

焼成中

陶芸工房「鼎」の進化

陶芸窯の焼成記録を
アナログからデジタルへ!

パソコンに取り込んで自動的にグラフ化

従来は手書きで焼成温度を記録していたが、いちいち面倒なのでデジタル化できないものか?と試行錯誤した。安価にデータを記録できるデータロガーのようなものがないものか検索をかけまくったら、温度計でいいやつを発見!早速購入して試してみた。結果、考えていたこと全てが実現したので覚書としてここにWebページを開くことにした。
私がたどり着いたのは MASTECH MS6514 というデジタル温度計だった。

なんと7000円 激安!

AMAZON

さすがチャイナ!安すぎ。大丈夫かいな?
と思いつつも失敗しても諦めがつく価格なので即プチっとな! ↓↓↓↓↓↓

このメーターには同梱のCDに「Thermometer.exe」という計測ソフトが入っているのだが、あまり実用的ではない。ちなみに「drivers」というディレクトリにメーターのドライバーが入っているので、これを入れておかないとUSBに接続しても認識してくれない。

そして、探しているうちにデータの表示と記録のための超優れものの国産アプリケーション発見!!これは半端なく高機能・高性能。至れり尽くせりのフリーウェアだった。それは広島在住の島崎正さん(Ts Software)が作られた
「Ts DMM Viewer」というパソコンに接続できるタイプのデジタルマルチメータをデーターロガーとして活用するためのソフトだった。5.TsDMV920

詳細とダウンロード →→→→ Ts Digital Multi Meter Viewer

オンラインで燃焼温度や温度上昇をグラフで確認できるばかりでなくエクスポート機能でデータをEXCELに書き出してマクロを使ってグラフ化したりデータを参照できる。

設定した温度になるとブザーが鳴ったりメールに送信してくれる機能も、サーバー・クライアントの登録で端末を同時に管理することも可能。FTPサーバーに常時温度を表示したグラフを出してくれたりもする。至れり尽くせりの実に素晴らしいソフトウェアだ。

FTPサーバーでグラフ化
陶芸工房「鼎」代表 酒井茂一
〒286-0044 千葉県成田市不動ヶ岡2026-1
 0476-24-0617(漢方鼎・酒井はり灸院)